大腸ガン検査の必要性

0

    JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

     

     

     

    いとうファミリークリニック  
    内科・消化器科・皮膚科・小児科 
    院長 伊東 祐一 
    〠236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378 
    電話 045-783-5769 
    FAX  045-353-3123

     

     

     

    大腸ガン検査:便潜血検査をほぼ毎年行っていただいた患者様です。

    今回、陽性と出て大腸カメラを施行しました。

    ありました。1cm大の腺腫ポリープ。無事取ることができました。

     


    ピロリ菌 除菌前と除菌後

    0

       

      いとうファミリークリニック  
      内科・消化器科・皮膚科・小児科 
      院長 伊東 祐一 
      〠236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378 
      電話 045-783-5769 
      FAX  045-353-3123

       

       

      ピロリ菌は、胃潰瘍や胃癌の原因の一つです。

       

      ピロリ菌除菌療法は、1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3剤を服用します。

      1日2回、7日間服用する治療法です。

      正しく薬を服用すれば1回目の除菌療法の成功率は約75%といわれており、最近では約90%とする報告もあります。

      除菌療法のあと、もとの病気の治療を行います。

       

      胃カメラでは炎症の度合いが違います。

       

      調べましょう。

       


      アニサキス:胃痛+吐き気

      0

        JUGEMテーマ:からだと心は一緒に病む   

         

        いとうファミリークリニック  
        内科・消化器科・皮膚科・小児科 
        院長 伊東 祐一 
        〠236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378 
        電話 045-783-5769 
        FAX  045-353-3123

         

         

        この時期の刺身美味しいですよね。

        アニサキスには注意しましょう。

        内視鏡でアニサキスを捕まえて、完全に取り除きます。

        アニサキスの幼虫を排除すると、痛みはすぐになくなります

         

         

        食道と胃の接合部に2匹

        胃体部に潰瘍と併存1匹

        痛いです。

         


        膀胱炎の注意点。

        0

           

           

          いとうファミリークリニック  
          内科・消化器科・皮膚科・小児科 
          院長 伊東 祐一 
          〠236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378 
          電話 045-783-5769 
          FAX  045-353-3123

           

           

          膀胱炎の日常生活の注意点

           

          十分に水分を摂取し、尿を我慢しない

           

          外陰部を清潔に保つ

           

          性行為前後に排尿する

           

          タンポンや不潔な性具の使用を控える

           

          肥満があれば改善する

           

          アルコールや刺激物の摂取を避ける

           

          やってみましょう!


          その抗生剤必要ですか?

          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

             

             

            いとうファミリークリニック  
            内科・消化器科・皮膚科・小児科 
            院長 伊東 祐一 
            〠236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378 
            電話 045-783-5769 
            FAX  045-353-3123

             

             

            晴れ晴れ晴れ抗菌薬(抗生物質)が必要な上気道炎(風邪)の臨床所見曇り曇り曇り

             

             

            高熱の持続(3日以上)

            膿性の喀痰、鼻汁

            扁桃腫大と膿栓・白苔

            中耳炎・副鼻腔炎の合併

            強い炎症反応(WBC増加、CRP高値)

            ハイリスク患者(基礎疾患に呼吸器疾患、心疾患、糖尿病、悪性腫瘍などがある)

             

            まだ抗生物質が熱を下げると信じている患者様もいるようです。びっくり



            CALENDAR

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>

            SEARCH

            selected entries

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            COMMENT

            LINKS

            PROFILE

            OTHERS

            MOBILE

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM